化粧水

シュウウエムラ化粧水の成分解析|お肌に悪い成分に注意しよう!

この記事では、シュウウエムラ化粧水の成分解析について説明します。

 

ちなみに、保湿効果が高い化粧水を探しているなら、読売テレビの「かんさい情報ネットten.」で紹介されたナールスピュアという高保湿エイジングケア化粧水がおすすめですね。

シュウウエムラ化粧水の成分解析

シュウウエムラ化粧水のうち、特に人気が高いTSUYA ローションVG(モイスト)とアルティム8 スブリム ビューティ オイル イン ローションの成分評価を行います。

TSUYA ローションVG(モイスト)の成分評価

TSUYA ローションVG(モイスト)の全成分はこちらです。

全成分:水 グリセリン BG 変性アルコール ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン PPG-6デシルテトラデセス-30 メチルグルセス-10 フェノキシエタノール ヒドロキシエチルピペラジンエタンスルホン酸 フェニルエチルレゾルシノール パルミチン酸エチルヘキシル ラウリン酸ポリグリセリル-5 PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン ステアロイルメチルタウリンNa サリチル酸 キサンタンガム トコフェロール ラムノース EDTA-2Na ペンチレングリコール 水酸化Na 酵母エキス アデノシン ヒアルロン酸Na シャクヤク根エキス BHT シャクヤク花エキス 香料

  :保湿成分
  :美肌成分
  :お肌によくない成分

TSUYA ローションVG(モイスト)の良い点

TSUYA ローションVG(モイスト)の良い点は、次の2つです。

  1. 保湿力はまずまず
  2. 美肌効果が高い

 

1.保湿力はまずまず

TSUYA ローションVG(モイスト)は、保湿力の高いヒアルロン酸Naが配合されているので、まずまずの保湿効果が期待できます。

 

2.美肌効果が高い

TSUYA ローションVG(モイスト)は美肌効果のある成分がいくつか配合されています。

フェニルエチルレゾルシノールはシミの原因となるメラニンにアプローチするので、美白化粧品に配合される成分です。

 

また、シャクヤク根エキスは消炎作用や収れん作用を持っています。

そのため、お肌を清潔に保ったり、キメを整えて滑らかに仕上げる働きがあります。

 

TSUYA ローションVG(モイスト)の悪い点

TSUYA ローションVG(モイスト)の悪い点は、変性アルコールステアロイルメチルタウリンNa、サリチル酸といったお肌によくない成分が配合されていることです。

 

変性アルコールは揮発性が高いので、配合量が多くなるとお肌を乾燥させる恐れがあります。

TSUYA ローションVG(モイスト)では、4番目に配合量の多い成分が変性アルコールなので、お肌への影響が懸念されます。

 

ステアロイルメチルタウリンNaは、陰イオン系の界面活性剤であり、本来は洗顔料やシャンプーなどに配合される成分です。

この成分は洗浄作用があり、お肌への負担は大きめなので、敏感肌や乾燥肌の人は注意が必要です。

 

最後に、サリチル酸は角質を剥離させる作用のある酸であり、お肌への刺激性が強い成分です。

 

総合評価:60点

TSUYA ローションVG(モイスト)は、保湿効果がまずまずで、収れん作用や消炎作用による美肌効果も期待できる化粧水です。

ただし、お肌によくない成分が複数配合されているので、肌への負担は大きめですね。

この化粧水の効果や安全性を評価するなら、100点満点で60点といったところでしょうね。

 

アルティム8 スブリム ビューティ オイル イン ローションの成分評価

アルティム8 スブリム ビューティ オイル イン ローションの全成分はこちらです。

全成分:水 グリセリン 変性アルコール ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン トリメチルペンタフェニルトリシロキサン 塩化Ca フェノキシエタノール クロルフェネシン ヒドロキシプロビルテトラヒドロピラントリオール PG ジェランガム キサンタンガム アデノシン リナロール エチルセルロース ゲラニオール トウモロコシ胚芽油 スクワラン ダイズ油 ホホバ種子油 サフラワー油 シア脂 ユチャ種子油 ラバンヂュラハイブリダ油 トコフェロール トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア 塩化Mg クエン酸 香料

  :保湿成分
  :油分
  :お肌によくない成分

アルティム8 スブリム ビューティ オイル イン ローションの良い点

良い点は、油分が配合されているので、お肌を柔らかくしてくれることです。

油分は、お肌を柔らかくしたり、ツヤを出したり、滑らかに整える働きがあります。

 

ただし、この化粧水には、水分保持力に優れたセラミドなどの油分は配合されていないので、水分蒸発を防ぐ効果は乏しいです。

アルティム8 スブリム ビューティ オイル イン ローションの悪い点

悪い点は、次の2つです。

  1. 保湿力が弱い
  2. お肌によくない成分が入っている

 

1.保湿力が弱い

アルティム8 スブリム ビューティ オイル イン ローションは、保湿力が高い成分が配合されていません。

そのため、この化粧水は保湿効果が弱いです。

 

2.お肌によくない成分が入っている

アルティム8 スブリム ビューティ オイル イン ローションは、 変性アルコール、PG、ゲラニオールというお肌に悪い成分が配合されています。

変性アルコールは上で説明した通り、お肌を乾燥させる恐れがあります。

 

そして、PGはお肌への刺激性が懸念される保湿成分、ゲラニオール皮膚刺激性に問題がある芳香成分です。

 

総合評価:55点

アルティム8 スブリム ビューティ オイル イン ローションは保湿力が弱く、お肌への負担も大きい化粧水です。

だから、お肌の弱い人は使わない方がいいですね。

シュウウエムラ化粧水の悪い口コミを検証

シュウウエムラの化粧水を使ってみたいと考えているなら、悪い口コミは事前にチェックしておきたいですよね。

そこで、ここでは悪い口コミをいくつか紹介して、その内容が信用できるのか検証しておきます。

 

→シュウウエムラの化粧水の評判をSNSで調べると、「化粧水がしみた」、「ピリピリして使えなかった」というコメントが散見されます。

これは、化粧水に含まれているお肌によくない成分が影響していると考えられます。

 

成分解析の項でも説明したように、シュウウエムラの化粧水はサリチル酸のように肌への刺激性が強い成分が配合されています。

そのため、乾燥肌や敏感肌、アトピー肌のように、肌のバリア機能が弱っている人は、お肌に刺激感を生じる恐れがあります。

 

→シュウウエムラの化粧水をつけたら乾燥したとのことですが、これは変性アルコールが影響している可能性があります。

変性アルコールは、揮発性が高くて、蒸発するときに肌の水分を道連れにするため、お肌を乾燥させる恐れがあります。

また、アルコールが肌に合わない人は、顔が赤くなったり、ヒリヒリしたりすることがあります。

 

このように、ツイッターなどのSNSでシュウウエムラを検索すると、成分解析的に信用できそうな口コミが簡単に見つかりますね。

アットコスメのような口コミサイトだと、サクラも多く混じっているので、レビューや口コミを探すなら、SNSがおすすめです。

シュウウエムラ化粧水の成分や口コミのまとめ

シュウウエムラ化粧水の人気化粧水・TSUYA ローションVG(モイスト)は、まずまずの保湿力があり、お肌を清潔に保ったり、お肌を引き締めたりといった美肌効果も期待できます。

ただ、アルコールの配合量が多くて、お肌を乾燥させる恐れがあったり、お肌に悪い成分も配合されているので、肌が弱い人は注意が必要です。

 

また、同じく人気の化粧水・アルティム8 スブリム ビューティ オイル イン ローションもお肌に悪い成分が複数入っているので、肌が弱い人にはおすすめできません。

なお、お肌に優しくて、保湿効果が高い化粧水を探しているなら、高保湿成分・プロテオグリカンが配合されたナールスピュアという高保湿エイジングケア化粧水をチェックしてみてください。

公式ページ→いつまでも潤いが続く高保湿エイジングケア化粧水はこちら!

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒ナールスピュア+の成分評価や効果まとめ|保湿効果とエイジングケア効果が高い!私が実際に使った感想も紹介!

sponsored link