テレビの美容ネタ

主治医が見つかる診療所11月2日、やせ菌を増やす食材はらっきょう(水溶性食物繊維が多い)だ!

2017年11月2日放送の「主治医が見つかる診療所」で紹介されたやせ菌を増やす方法についてまとめておきます。

やせ菌とは?

腸内細菌には、バクテロイデーテスと呼ばれるやせ菌グループとファーミキューテスというデブ菌のグループ、その他のグループが存在します。

やせ菌とデブ菌は、誰でも腸内に保有しており、そのバランスで太りやすいか、そうでないかが決まります。

 

腸内細菌のバランスのタイプは、以下の4つに分類されます。

  • B型:脂肪燃焼作用が強い
  • P型:コレステロール値が高くなりやすい
  • R型:ビタミンB群の合成能力が低い
  • 混合型:上の3つのタイプが混合している

 

例えば、痩せの大食いと言われるタレント・もえのあずきの場合は、B型タイプです。

 

なお、やせ菌とデブ菌のバランスがよくて、腸の状態がいいと、肌の状態もよくなります。

吹き出物やニキビが少なくなります。

 

やせ菌を増やす方法

やせ菌が多いと、短鎖脂肪酸が増えます。

短鎖脂肪酸は、腸から吸収されて全身の脂肪細胞へ届きます。

脂肪細胞は、脂肪を取り込んで大きくなりますが、短鎖脂肪酸は脂肪細胞の取り込み口をふさいで、脂肪の吸収をブロックする働きがあります。

 

これがやせ菌が太りにくい体をつくるメカニズムです。

また、短鎖脂肪酸には、腸の中を弱酸性にして免疫力を高めるなどの健康効果があります。

 

やせ菌を増やすにはやせ菌に餌を与える必要があり、それが野菜(食物繊維)です。

水溶性食物繊維は、やせ菌の餌となり、腸内環境を改善してくれます。

不溶性食物繊維は、老廃物や毒素を吸着して体外に排出する働きがあります。

 

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合は、2:3が理想的な割合です。

しかし、現代人は水溶性食物繊維が足りていません。

 

水溶性食物繊維を十分にとるには、ごぼう、にんにく、押し麦、納豆、かんぴょう、らっきょうなどに多く含まれています。

特に、らっきょうが多いです。

sponsored link