洗顔料

ウーノ(uno)の洗顔料の口コミと評価、ニキビに効果あるのか

竹野内豊や窪田正孝などの人気俳優が出演するCMでおなじみのウーノ(uno)。

ウーノ(uno)と言えば、ワックスなどのヘアスタイリング商品が有名ですが、洗顔料やクリームなどのスキンケア商品も取り扱っています。

特に、洗顔料はAmazonで5つ星のうち4.6を獲得しており、ユーザーからの評価は高いです。

 

そして、安価なこともあり

「最近、ニキビが増えてきたので、ニキビ予防に効果のある洗顔料を探している」

「顔のテカリがひどく、周りから不潔に見られていないか心配なので、洗顔で綺麗な肌になりたい」

「乾燥肌なのに日中は脂でベタベタするので、余分な皮脂を落としつつ、洗顔後にカサカサしない洗顔料を探している」

 

このような肌トラブルを抱えている男性にとっては、ウーノ(uno)の洗顔料は手に取りやすい商品と言えます。

 

ただ、ウーノ(uno)の洗顔料は通販サイトや化粧品の口コミサイトでは評価は高いのですが、中には「使用後に乾燥が悪化したり、ピリピリとお肌が痛かった」などのコメントも見られます。

 

そこで今回は、ウーノ(uno)の洗顔料の本当の口コミと成分評価についてまとめておきます。

ちなみに、お肌に優しくて、汚れだけをごっそり落としてくれる洗顔料を探しているなら、アマゾンで1位を獲得したバルクオムという洗顔料をチェックしてみてください。

 

ウーノ(uno)洗顔料の口コミ、皮がむけてヒリヒリしたとのコメントも!

ウーノの洗顔料には、次の6種類の商品があります。

  1. ホットジェルクレンズ
  2. クールジェルクレンズ
  3. ホイップスピーディー
  4. ホイップウォッシュ(ブラック)
  5. ホイップウォッシュ(スクラブ)
  6. ホイップウォッシュ(モイスト)

今回は、この中でも4番目のホイップウォッシュ(ブラック)を取り上げて、口コミを紹介します。

 

ネットでAmazonやアットコスメなどの口コミを見ると、ホイップウォッシュ(ブラック)については次のようなコメントが見られます。

  • 洗いあがりはすっきり、サッパリしている
  • 毛穴汚れは落ちている気がする
  • 泡が肌に優しい
  • 洗顔後にスースーするのが合わない
  • 使用後はお肌がツルツルして、突っ張る感じはあまりない
  • 一回の使用で皮がむけてヒリヒリした

 

ホイップウォッシュ(ブラック)のAmazonでの評価は、5つ星のうち4.6とかなり高いです。

@cosmeでも、Amazonと同様に洗いあがりの爽快感を評価するコメントが多いです。

 

一方で、皮が向けてヒリヒリしたり、スースー感が強かったり、目の周囲など皮膚が薄い箇所に痛みを感じたなどの意見もあります。

そこで次は、ウーノの洗顔料に刺激性の強い成分が含まれていないかチェックしてみましょう。

 

ウーノ(uno)洗顔料の成分評価、お肌によくない成分はこの3つ!

ウーノのホイップウォッシュ(ブラック)には、以下のような成分が含まれています。

水、グリセリン、ステアリン酸、ミリスチン酸、水酸化K、ラウリン酸、PEG-8、ステアリン酸グリセリル(SE)、ココイルメチルタウリンNa、メントール、メタケイ酸アルミン酸Mg、炭、アクリレーツコポリマー、EDTA-2Na、クエン酸Na、タルク、香料

この中で、お肌への刺激やアレルギーなどが気になる成分はこちらです。

・PEG−8

・メントール(香料)

・EDTA-2Na

 

まず、PEG−8は軽度の皮膚刺激性があります。

そして、メントール(香料)は、さっぱりした爽快感を演出してくれますが、人によってはスースーして不快に感じることもあります。

最後に、EDTA-2Naは、ごくまれに紅斑や丘疹などのアレルギー反応が起こることがある成分です。

 

ウーノのホイップウォッシュ(ブラック)には、上で示したように、お肌によくない成分がいくつか含まれています。

先程の口コミで、「皮が向けてヒリヒリした」、「スースーする」、「目周りが若干痛い」といったコメントがありましたが、おそらく上の成分が影響していると考えられます。

 

安いメンズ洗顔料の落とし穴、洗浄力が高く洗いあがりもサッパリしているのだが・・・

ドラッグストアなどで販売されているメンズ洗顔料は、洗浄力が強く、洗いあがりも爽快であり、安いので、人気が高いです。

しかし、脱脂力をアップさせたり、爽快感、さっぱり感を出すために、皮膚に刺激のある成分が多く配合されているものが多いです。

特に、上記の中でもメンズビオレとギャツビーの洗顔料は、皮膚への刺激が強い成分が配合されているので、絶対におすすめできません。

 

私自身もニキビや洗顔後の乾燥、昼間のテカリなどに悩んでおり、最近までドラッグストアのメンズ洗顔料を使っていました。

しかし、どれを試しても肌のカサカサやテカリ、洗顔後の突っ張り感などは解消されなかったのです。

そこで、自分の使った洗顔料や化粧水の成分を調べたところ、上のように、お肌に良くない成分が多く含まれていることに気づいたのです。

 

そのため、現在ではドラッグストアで市販されているメンズ洗顔料や化粧水は使用していません。

 

洗浄力が高く、皮膚への刺激が少なく、お手頃なお値段の洗顔料ならコレ!

洗浄力が強い成分が配合されており、それでいて皮膚への刺激性が弱く、リーズナブルなお値段で購入できる洗顔料としては、バルクオムという洗顔料がおすすめです。

バルクオムは、Amazonで1位を獲得したり、2016年、2017年のベストコスメに選ばれるなど、メンズコスメとして非常に高い評価を受けています。

 

さらに、バルクオムは発売以来、多くの男性雑誌やテレビ番組、芸能人のSNSなどで紹介されており、その効果の高さを伺わせます。

そんな、バルクオムの洗顔料には、以下のような成分が含まれています。

カリ含有石ケン素地、水、グリセリン、ソルビトール、BG、クレイミネラルズ、ベントナイトリンゴ果培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、ナタネ油、トコフェロール、キサンタンガム、レシチン、フェノキシエタノール、香料

バルクオムには、皮膚の余分な皮脂を吸着して除去するために、クレイミネラルズとベントナイトという2種類の成分が配合されており、脱脂力が強いです。

 

このままだとお肌が乾燥してしまいそうですが、バルクオムを使ってから洗顔後にお肌の突っ張りを感じたことはありません。

これは、バルクオムの洗顔料にリンゴ果培養細胞エキス、ユズ果実エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、グリセリルグルコシドなどのお肌を保湿する成分が多く配合されているためだと考えられます。

 

もちろん、上記で紹介したメンズビオレやギャツビーのような皮膚への刺激性が強い成分は含まれていません。

 

そして、バルクオムの化粧水には、以下のような成分が含まれています。

  • 加水分解シルク:保湿、皮膜形成、バリア機能サポート、乾燥予防
  • グリセリルグルコシド:収れん、保湿、
  • セイヨウシロヤナギ樹皮エキス:肌のキメを整える、
  • ユズ果実エキス:収れん、保湿、肌のキメを整える
    etc

単にお肌を保湿するだけでなく、お肌のキメを整えてくれる成分も含まれているので、お肌の保水力アップも期待できます。

 

よって、バルクオムは洗顔料と化粧水をセットで使用することで、お肌のベタつきや鼻の毛穴黒ずみ、ニキビなどの肌トラブルを防ぎ、お肌の保湿や保水を促して、潤いのあるサラサラ肌へと導いてくれます。

 

バルクオムによる肌ケアを実践し、今すぐ乾燥肌やカサカサ肌、ニキビなどの肌トラブルから解放され、スベスベのモテ肌を手に入れたい方は、こちらのページをチェックしてください。

公式サイト⇒今すぐバルクオムで肌ケアをして、プルプルのモテ肌を手に入れる

BULK HOMME

ウーノ洗顔料のまとめ

ウーノ洗顔料は、口コミをチェックすると、洗浄力の高さや、洗い上がりの爽快感を評価するコメントが多いです。

ただし、ウーノ洗顔料には、お肌によくない成分として、PEG−8、メントール(香料)、EDTA-2Naなどが配合されています。

特に、メントールは、夏場は爽快に感じるかもしれませんが、冬場はスースーして不快に感じる人もいるので、注意が必要です。

 

ちなみに、お肌に優しくて、汚れだけをきっちり落としてくれる洗顔料を探しているなら、Amazonで売り上げ1位を獲得したバルクオムがおすすめですね。

あなたが次に読んだ方がいい記事

関連記事⇒バルクオムでニキビは治る?増える?

 

関連記事⇒バルクオムの効果発現までの期間は?効果絶大は本当なのか・・・

 

関連記事⇒乾燥やニキビに悩む肌活30管理人がおすすめする化粧品まとめ

 

sponsored link